玉本奈々著書「集積 あるふぁべっとのかたちたち」

  • 公開日: 2021/03/14
    • 大阪府, 枚方市, Japan

玉本奈々著書、出版によせて
(集積 あるふぁべっとのかたちたち)

画家にはそれぞれに視点というものがあり、事物をどのようにとらえ、いかに表現すべきかを試行錯誤する。さらに、何を描き、そこに何を託すかが重要なこととなる。

玉本奈々の場合、その視点は、目に見えるものに焦点を定めるのではなく、自身の心の奥底に潜む何ものかに向けられているように思えてならない。

だからであろうか、その画面からは、ただならぬ気配が伝わってくる。特にその色彩は嫌悪感さえ覚えるほどの力があり、見る者の網膜を刺激する。さらに画面に与えられた形態は、得体の知れない生物が蠢くがごとく不気味だ。醜さと情念が交錯する一種狂気にも似た世界が作品を支配しているのである。

それはまさに、この画家の内側の叫びでもあり、とめどなく湧き上がるエネルギーなのだ。そして画家とは不憫なもので、その感覚をキャンバスに定着しようとするのである。玉本にとって描くということは、生きるということに直結している。自身の身体と精神のバランスを保つために、描き続けなければならないのかもしれない。

さて、このたび玉本はアルファベットを題材とした作品に着手した。AからZまでの26文字をテーマに作品を描き上げたのである。その制作は、たぶん従来のものとはいささか異なるものであったろう。つまり、文字という定められた形態を基本に筆を進めるということは、ひとつの約束、束縛のもとで絵を描くということになる。この画家にとっては最も避けたい制作の手法であったろうが、あえてその世界に挑んだのである。

そして、その作品には新たなる世界が展開されたのであった。たとえば制御された感覚。色彩は穏やかになり、淡く爽やかな中間色が快い。さらに形態は理知的で構築的な様相を示すようになった。興味深い一例を挙げるならば、Dという文字には、「半月」。Oには「車輪」、Uには「磁石」という副題が与えられている。文字の型から連想した、この画家ならではのセンスであろう。

さらに作品には、詩が添えられているのである。文字からのイメージと、内面から表出した言葉が綴られているのだ。それは詩画集となり、玉本奈々の新たなる一歩を示すとともに、これまでの集大成とでも言うべき作品となった。多くの人々にこの作品集を手にして貰いたいと願っている。

京都国立近代美術館長
柳原 正樹

Share by email Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ Share on LinkedIn Pin on Pinterest

関連するお知らせ

  • 2021/2/13-21 【個展】アトリエココ展

    2021/2/13-21 【個展】アトリエココ展

    展示・個展 大阪市天王寺区 (大阪府) 2020/12/15

    飛び出すカードとイラストの展示会 2021年02月13日(土)~2月21日(日)11:30~18:00  [日曜日] 11:30~17:30 [月曜日] 定休日 錢屋ギャラリー 作家名:cocoro 飛び出すカード作家。絵描き。空想色彩研究家。 色んな形や色、表面加工を施した飛び出すカードを様々な質感のテーブルや壁の空間に飾ります。 作品×空間、光×影 色んな組み合わせで感じる 言葉にできない「感覚の擬音体験 オノマトペ」をぜひお楽しみください。 【入場無料】【作家在廊】【販売あり】 【近鉄大阪...

  • 第14回アートクラブグランプリinSAKAI

    第14回アートクラブグランプリinSAKAI

    展示・個展 堺市東区 (大阪府) 2020/12/15

    堺から発信するアートの甲子園 中学生の描く「今」が、ここに アートクラブグランプリ in SAKAI(全国中学校美術部作品展)は、平成18年4月1日、堺市が「政令指定都市」の誕生を機に、歴史と文化を生かした都市として魅力の創出に向け、堺市教育委員会が企画し、平成19年度に、全国初となる中学校美術部の全国大会を「アートの甲子園」として第1回展を開催いたしました。 本作品展は、全国の中学校美術部等から優れた作品を募集・展示し、生徒どうしが学びあい、交流する場をつくり、美術への関心と意欲を高め、創造性...

  • 八百萬の神 写真展 石原貫也

    八百萬の神 写真展 石原貫也

    展示・個展 高槻市 (大阪府) 2020/12/04

    神社仏閣を守り八百萬の神を呼ぶ 龍神 甘露の香りがする時に現れる 神 大空に舞う 鳳凰 龍神  貴方も見つけてください伝説が見えます。