#CWA展

  • 公開日: 2021/05/21
  • 更新日: 2021/05/21
    • 東京都, 渋谷区, 猿楽町25-1, Japan

「貴方だけの、変化の物語と出会おう。」

『アート × 現代社会。』アートと社会のコミュニケーションから"変化を創る"
現代アート企画展「#CWA展」7/9~7/13 開催のお知らせ

#CWA展は"SNSからリアル展を作る"現代アート企画展です。 

|開催の背景
「#CWA展」はアート企画やコンテンツを手がけるフリープロデューサーの末武 秀明と、代官山でレンタルギャラリーを運営し、才能ある作家をイタリア・フィレンツェのアート界に過去22名排出したSPACE K代表 木村 和子が企画。「誰もがもっとアートを気軽に楽しめる場」を創り、アートと社会の距離を縮め、アートの素晴らしさを訴求したい思いから発足しました。


|現代だからこそできる企画展
新型コロナウイルス感染症の拡大でリアルコミュニケーションに制限がかかる中でも素晴らしい作品、作家はどんどん生まれ続けています。

#CWA展は、現代を「変化の時代」と捉え、“変化”をテーマとした作品をTwitterで募集して「Twitterモーメント展」を開催します。
そこで「♡」の数が多かった作家3名と招待作家2名を招き、リアル展を開催します。

本展は「現代で最も使われているツール」と「現代の変化の物語が描かれた作品」を感じる場をオン・オフラインで作ることで、アートを通じて新しい変化の力が生まれる場所を作ります。


|「変化の時代から生まれる、変化の物語。」
 
『貴方だけの、変化の物語と出会おう。』

本展では作品公募からSNS・リアル展で様々なアーティストが表現する「変化の物語」をお楽しみいただけます。

イベントでは変化をテーマとした作品を募集することで、現代作家による「現代だからこそ生まれた作品」を体感し、作品との対話で生まれる『自身が創る物語』を楽しんで欲しい。そして、それをポジティブな自身の変化の力に変えて欲しい。

ぜひ、現代作家が描く「変化の作品」をSNS・リアルで体感し、アートがもたらす変化の力をお楽しみください。



【開催概要】
#CWA展の公式Twitterで作品を公募し8~10作品に選定。“Twitterモーメント展”を行い、「♡」が最も多い作家3名と招待作家2名で美術展を開催します。

[テーマ]
「変化(Change)」

[スケジュール]
● 作品募集期間:4月14日(水)〜 6月10日(木)
● 選定    :6月11日(金)〜 6月12日(土)*公募作品を8〜10作品に選定
● モーメント展:6月13日(日)〜 6月20日(日)
● リアル美術展:7月9日(金)~ 7月13日(火)

[リアル美術展 開催時間]
12:00〜19:00 *最終日は18:00まで

[会場]
SPACE K代官山 東京都渋谷区猿楽町25-1 Edy代官山201

[入場料]
無料/オンライン予約制 ※感染症対策のため1日の予約上限を先着30名様までに限定しています。予約期限は各日の最終1時間前まで

[招待アーティスト]
近藤 康平 Kohei Kondo / 山口 真人 Masato Yamaguchi

[演出作品協力]
華道家 いけばな池坊 教授 谷田貝 一也 Kazuya Yatagai

[作品販売]
リアル展会期中オンラインで販売予定。*公式サイトから

[主催]
C WITH ART実行委員会 
Producer / 末武 秀明 Hideaki Suetake
監修 / 木村 和子 Kazuko Kimura(SPACE K代官山 代表)


【招待作家】
■近藤 康平 / Kohei Kondo
1975年生まれ。大学院農学科修士課程卒業。森林学を学ぶ。絵本専門書店員などを経て2009年より絵描き
/ライブペインティングパフォーマーとして活動を開始。音楽にあわせ、即興で映画のように刻々と変幻する世界を描き観客を魅了する。CDジャケット、書籍装丁、舞台美術等、さまざまなジャンルを横断して絵を描く。
2020年初の画集となる「ここは知らないけれど、知っている場所」を刊行。

■山口 真人 / Masato Yamaguchi
1980年東京都出身、90年代渋谷系・グラフィティの影響を受けグラフィックデザイナーとして活動後、2013年よりAffordable art fair NYC, SCOPE MIAMIなどのアートフェアに参加。主な個展に「"MADE IN TOKYO」(Gallery Onetwentyeight/NYC 2016)、2019 「トランスリアリティ序章」( H.P.FRANCE MARUNOUCHI/Tokyo 2019)等、2019年INDEPENDENT TOKYOにてグランプリを獲得。作品は青井茂アートコレクション、大石哲之コレクション等プライベートコレクションとして収蔵。


【演出作品協力】
■華道家 池坊いけばな教授 谷田貝 一也 / Kazuya Yatagai
日本の華道家、池坊いけばな教授。 世界を視野に入れ、いけばなの魅力を伝えることを目的に、メディア出演、 パフォーマンス、作品展示など幅広く活動している。港区赤坂にていけばなサロンを主宰。


[公式アカウント]
● WEB:http://cwa-exhibition.com
● Twitter:https://twitter.com/CWA_Exhibition
● Instagram:https://www.instagram.com/cwa_exhibition
● Facebook:https://www.facebook.com/CWITHART

[関連リンク]
● プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000078021.html
● 近藤 康平 WEB:https://kondokohei.fashionstore.jp
● 山口 真人 WEB:https://plastic.tokyo
● 谷田貝 一也 WEB:https://yatagaikazuya.myportfolio.com
● 会場 SPACE K代官山 WEB:https://space-k.info
● リアル展予約サイト:https://cwaexhibition.peatix.com

[本件に関するお問い合わせ]
公式サイトの「お問い合わせ」よりご連絡ください

Share by email Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ Share on LinkedIn Pin on Pinterest

関連するお知らせ

  • DFG アートシアター短編作品「ボクがにんげんだったとき」再上映決定!

    DFG アートシアター短編作品「ボクがにんげんだったとき」再上映決定!

    イベント 渋谷区 (東京都) 2021/08/21

    短編映画「ボクがにんげんだったとき」が再上映されます。 原題 When I Was A Human 監督脚本 神津明美 Akemi Kohzu 期日 2021年 9月1日(水)-9月30日(木) ※上映休み 9月10日(金)-9月12日(日) 場所 Design Festa Gallery デザインフェスタギャラリー 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-18 3-20-18 Jingumae Shibuya-ku Tokyo 11:00 – 19:00 入場無料 no charge ...

  • photography pop up show #01

    photography pop up show #01

    イベント 渋谷区 (東京都) 2021/06/08

    写真を「観る」から「買う」へ。 『photography pop up show #01』は、7人の写真家による写真プリント ポップアップイベントです。銀塩プリントにカラー印画紙プリント、またプラチナプリントなど、様々な技法でつくられた写真プリントをお楽しみいただけます。 また作品もポートレートからストリートフォトまで様々。写真プリントを通じて、写真家それぞれの世界観をぜひご堪能ください。 なお、25日17時よりオープニングパーティーを開催。参加アーティストとの交流をお楽しみください。(お酒の提...

  • DFG アートシアター短編作品「ボクがにんげんだったとき」

    DFG アートシアター短編作品「ボクがにんげんだったとき」

    イベント 渋谷区 (東京都) 2021/06/05

    短編映画「ボクがにんげんだったとき」上映 原題 When I Was A Human 監督脚本 神津明美 Akemi Kohzu 期日 2021年 7月1日-7月31日 無休 everyday 場所 Design Festa Gallery デザインフェスタギャラリー 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-18 1F 3-20-18 Jingumae Shibuya-ku Tokyo OPEN 11:00 – 20:00 入場無料 no charge TEL : 03-3479-144...