久村卓 個展「ワンポイント・スカルプチャーズ」

  • 公開日: 2021/08/12
    • 東京都, 墨田区, 本所2-16-5, Japan

GALLERY ROOM・Aでは、8月28日より久村卓による個展「ワンポイント・スカルプチャーズ」を開催いたします。

久村は1977年東京都生まれ、ハンドメイドからDIYクラフトまで、美術の周縁の技法や素材を用いた作品を制作しています。それらの多くは洋服や家具など日用品を用いますが、機能を無化するレディメイドではなく、本来の機能を奪うことなく作品化される特徴があります。久村の代表作である「PLUSシリーズ」では、洋服に縫い付けられた「ワンポイント」のロゴマークの周囲に台座や展示空間を縫い足すことでロゴを美術作品に見立てた作品です。また、椅子の脚を彫刻して不安定にしながらもギリギリ家具としても成立させようとする「Balanceシリーズ」では、物体が自立するために欠かせない足元の一点(ワンポイント)へ着目しています。これらは量産を前提として複製される商品を「一点(ワンポイント)もの」へと変えるハンドメイドのモチベーションが反映されています。和製英語である「ワンポイント」というキーワードによって軽快に繋がっていく久村の作品は、普段の物を見る視点を細やかにずらすことで鑑賞者にちょっとした気づきを与えてくれるものでしょう。

本展では久村の作品をギャラリースペースと宿泊者限定の音声ガイドが聞ける客室展示合わせてお楽しみください。(客室での展示をご覧いただくにはKAIKA東京HPより宿泊予約が必要です)
※展示作品は、8月28日(土)8:00よりArtSticker限定で販売いたします。

Share by email Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ Share on LinkedIn Pin on Pinterest

関連するお知らせ

  • 萩原和奈可「蔑された小さな命」2021/9/16~9/26

    萩原和奈可「蔑された小さな命」2021/9/16~9/26

    展示・個展 墨田区 (東京都) 2021/08/01

    東京墨田区にある、「未知の物語の創造」をコンセプトとした現代美術を扱う画廊「gallery hydrangea」にて、日本画家の萩原和奈可による展覧会「蔑された小さな命」を開催いたします。 ゴキブリやカラスなどの害虫害獣として忌避されがちなものたちを、都会へ届くアートに翻訳し「嫌われ者をヒーローにする」日本画家、萩原和奈可。 特徴的な造形を純粋に楽しめるようシルエットを強調する、あるいは墨と箔を用いた陰影により悍ましさを厳かさへ昇華し印象付ける萩原の作品は、嫌われ者が主役となる独自の世界を感じさ...

  • 吉澤利仁展 2021/3.11〜

    吉澤利仁展 2021/3.11〜

    展示・個展 中央区 (東京都) 2021/07/20

    吉澤利仁、初のウェブ個展。 期間を決めず、常に「生と制作」にフォーカスしたそれは、生々しいまでの「吉澤利仁展」。 「レオパレス展」や「0人展」、昨今のNYでのグループ展等、一部で高い評価を受け、コアなファンに支持されながらも沈黙を続けてきた吉澤の3.11、10年目のアンサーである。 無限に広がるネットという世界を舞台に変化、更新、を前提とした展覧会様式は、次世代の美術形式として新たなカテゴリライズがデフォルト化していくだろう。 ビジュアルアーツ以外にもYouTube、ライブ配信、ネット小説、音楽...

  • 江原梨沙子・大谷陽一郎 2人展「孤帆の遠影」

    江原梨沙子・大谷陽一郎 2人展「孤帆の遠影」

    展示・個展 中央区 (東京都) 2021/07/14

    2020年4月からスタートした、「MONTBLANC× The Chain Museum」の共同企画の現代アート展第4弾を、2021年7月30日(金)より銀座モンブラン本店で開催します。今回は作家の江原梨沙子・大谷陽一郎の2人展「孤帆の遠影」を発表し、モンブラン銀座本店のショーウィンドウと店内にて、新作を含む作品の展示・販売をおこないます。 本展のテーマは、「アジアへのまなざし」。 江原梨沙子は日本をはじめとするアジアモ チーフや日常の思考をもとに理想郷をテーマに作品を制作し、 日本画、油画...