【無料】つじ伸一の世界展/アート・アンド・アニメーション

  • 公開日: 2021/09/26
  • 更新日: 2021/09/26
    • 東京都, 渋谷区, 渋谷3丁目16−3 髙桑ビル 5階, Japan

<会期>11月2日~11月7日・11時~19時(最終日は16時まで)
<会場>ギャラリー・ルデコ
東京都渋谷区渋谷3丁目16−3 髙桑ビル 5階
<入場料>無料

【つじ伸一の世界展/アート・アンド・アニメーション】

画家、アニメーション監督、作詞家。
辻伸一の喜寿を記念し、今なお鮮烈な新人時代の油絵連作から
『まんが日本昔ばなし』そして最新作まで―
ユニークな曲線と色彩が織りなすアートワークで、
クリエイティブな人生の足跡を辿る。

1960年代から日本アニメ界にその身を置き、新進気鋭のアニメ監督として『まんが日本昔ばなし』『映画・綿の国星』『桃屋のり平CMシリーズ』など数々の作品を手掛けてきた辻伸一。
油絵、版画、イラストレーションなど、これまでに発表してきた作品・未発表作品を一挙公開します。

上映ルームでは、人間の闇をコミカルに描き出す『どろぼうたち』など、
『まんが日本昔ばなし』から選りすぐった短編アニメを上映。
貴重な当時の絵コンテ原本なども展示いたします。

<辻伸一/つじ伸一>プロフィール

1944年8月29日生まれ・東京都杉並区出身。
17歳から油絵を描き始め、美術教師を志し、東京芸大入学を目指していた最中、
家計を助ける為にアルバイト入社した東映動画スタジオでアニメーションと出会い、それが人生を大きく変えることとなる。

東映動画では『魔法使いサリー』『ゲゲゲの鬼太郎』『タイガーマスク』などの人気作品にアニメーターとして参加。
25歳、手塚治虫氏率いる虫プロダクションのテレビアニメ『アンデルセン物語』で作画監督となる。

設立と共に移籍した日本アニメーションでは、『小さなバイキングビッケ』の作画監督を担当。

演出を担当したワーナー・ブラザーズ社との合作アニメ映画
『スーパーマン』は、エミー賞にノミネートされる。

後年、突如アニメ業界を引退。
かねてより二刀流として作品をつくり続けていた、
作詞家としての道に専念することを決め、その後、
レコード大賞金賞を2年連続で受賞した。

<#つじ伸一の世界展 Twitter>
https://twitter.com/tsujiten2021/

Share by email Share on Facebook Share on Twitter Share on Google+ Share on LinkedIn Pin on Pinterest

関連するお知らせ

  • 染谷玲子写真展「キノムクママ」

    染谷玲子写真展「キノムクママ」

    展示・個展 港区 (東京都) 2021/09/18

    2021年10月5日(火)-10月24日(日) 月曜日休廊 11:00-17:00 GALLERY Jy 107-0061 東京都港区北青山2-12-23,Uビル1F 03-3479-6422 フィルムカメラで撮影し暗室でプリントしたゼラチンシルバープリントを展示します。 作家コメント 「女性の持つ穏やかなそしてどことなく自由な雰囲気、それは時に周りの空気も巻き込んで独特な空間を作り出す。 その空間を作品の中で感じられるようにと作ったセルフポートレートです。」

  • とゆたまの木展

    とゆたまの木展

    展示・個展 狛江市 (東京都) 2021/09/12

    泉の森ギャラリー(泉の森会館2階) 小田急線狛江駅北口徒歩1分 令和3年10月22日(金)〜10月30日(土) 午前10時〜午後7時 ただし、初日は午後1時から。最終日は午後5時まで。 狛江市在住のおがわたけとしの家族、妻の父とその孫による 小さな狛江市でひっそりと行う、ふしぎなふしぎな家族展。 オーソドックスな油彩画からはじまり、抽象画、ガラパゴス化された不思議なレリーフ表現、立体作品など、バラエティに富んだ作品群。 作成日が何十年前のものから最近のものまで、時空を超えて、不思議な世界へ

  • 中川アイリン「ふしぎな街散歩」

    中川アイリン「ふしぎな街散歩」

    展示・個展 港区 (東京都) 2021/09/08

    2021年9月7日(火)〜9月26日(日) 11:00-17:00 月曜日休廊 GALLERY Jy 107-0061 東京都港区北青山2-12-23,Uビル1F 03-3479-6422 jyk@air.ocn.ne.jp 作家コメント「心の中にある架空の街風景を散歩しながら、楽しみながらコラージュで表現した。」