1998

  • 公開日: 2022/04/14
    • 東京都, 墨田区, 本所2-16-5, Japan

GALLERY ROOM・A では、5月7⽇(⼟)より工藤時生、澤田光琉、GORILLA PARK、松田ハル、渡邊涼太の若き5作家によるグループ展「1998」を開催いたします。本展は、GALLERY ROOM・A の開廊1周年記念の企画展示でもあります。この5作家は、同年代のアーティストの中でも活躍が目覚ましく、各々が違う表現を探求し続けています。

工藤時生は、1998年生まれ。現在、武蔵野美術大学大学院美術専攻彫刻コース在籍。呪いや神隠し、祭りや祈祷など人間や人間の営みに秘められた平穏や日常の自立性の崩壊させ神秘体験にさらわれる瞬間をモチーフとし、『エクスタシー』として彫刻を提唱し、制作をおこなっています。

澤田光琉は、1999年滋賀県生まれ。2021年京都芸術大学美術工芸学科油画コース卒業。些細な日常をモチーフに、光を柔らかく反照し、空間へ作用することができる作品を描いています。誰かを想う事でその風景は形を変えながら伝播し、その生活のコミュニケーションの中で表現の本質を見ようとしています。

GORILLA PARKは、1998年埼玉県生まれ。2021武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。現在は東京藝術大学大学院美術研究科在籍。野生的な木彫を通じて、破壊と創造を繰り返し、立体を立ち上げながらも平面の正面性に還元しようとする作品制作をしています。

松田ハルは、1998年岩手県生まれ。2021年筑波大学芸術専門学群美術専攻版画領域卒業後、京都芸術大学大学院グローバル・ゼミ在籍。VRで描かれた3Dのオブジェクトやドローイングを、版画の技法によって平面に定着させています。リアルとバーチャル、AIと人間といった二項対立のようなものは、絵画というメディウムによって物質に変換させています。

渡邊涼太は、1998年埼玉県生まれ。2021年東北芸術工科大学芸術学部美術科卒業。2021年より東京藝術大学大学院第六研究室在籍。カッターや自作の道具を使用し、絵の具を破壊しながらも、画面に盛っていくという行為を行い、その繰り返しのなかにあらわれてくるナニカを絵画空間の中で起こすことを試みています。

これからの現代においてどのように社会や自己と向き合って、作品を生み出していくのか。今後さらなる活躍が期待されるこの若き5作家の作品を、是非会場でご覧ください。

関連するお知らせ

  • 片隅の街の小さな小さなお店

    片隅の街の小さな小さなお店

    展示・個展 武蔵野市 (東京都) 2022/04/13

    ◆開催日時【2022年5月4日から5日】 5/4 12:00-19:00 5/5 12:00-17:30 ◆場所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33-2 吉祥寺プティット村内ギャラリー貸小屋 ◆タイトル headdressshopS&K プチ個展 「片隅の街の小さな小さなお店」 2日間限定の小さな個展 プティット村内のとっても可愛い 小人のお家のような ちっちゃなギャラリーで開催 一坪のスペースに ブローチ、紙物、布物など 猫物商品をぎゅっと詰めた 楽しい個展です ーーーーーーーーーーーー...

  • 鶴を待つvol.4 小西裕介写真展

    鶴を待つvol.4 小西裕介写真展

    展示・個展 中央区 (東京都) 2022/04/07

    ■会期 2022年4月25日(月)〜30日(土)10:30am〜5:30pm (初日25日1:00pm OPEN/最終30日4:30pmCLOSE) ● 展覧会の内容紹介 北海道の釧路湿原に生息するタンチョウ鶴の写真展。入場無料。 厳冬の雪原、川、山で撮影したタンチョウの素顔と雄姿を約30点で紹介する。夜明け前から日没まで、タンチョウの生態がわかる構成で展示する。 ● 作者プロフィール 小西 裕介 YUSUKE KONISHI 1962年神戸生まれ。1986年の冬、北海道鶴居村でタンチョウと運命...

  • だがしやゴマちゃん

    だがしやゴマちゃん

    展示・個展 三鷹市 (東京都) 2022/04/06

    ●開催日時 2022年04月26日(火) 〜 2022年05月01日(日) 11:30 〜 20:00 (最終日は17:00まで) ●展示タイトル だがしやゴマちゃん ●展示概要 森下裕美の最新作『小3アシベ QQゴマちゃん』1巻が4月25日に発売されるのを記念して、東京都三鷹市の「キチジョウジギャラリー」にて「小3アシベ QQゴマちゃん1巻発売記念展 『だがしやゴマちゃん』」が2022年04月26日(火)〜05月01日(日)にかけて開催されます。 新作のドローイング作品の展示・販売や、駄菓子屋...